2008年03月04日

高知新聞より・・・言葉

昨日の新聞の、きょうの言葉・・・というのに

石中に火あり、打たざれば出でず、人中に仏性あり、修せずんば顕われず・・・巖宿
巖宿とは、浄土宗の僧で弟子たちに解脱のへの道を説いた『語録』を残したとのこと・・・その一つらしい

意味は、火打ち石を打たなければ火を熾せないように、人間のなかに仏になる素質があっても、修業しないことには、それをみずからのものにすることはできない・・・と言う

生まれつき、それなりの素質があっても、それだけで、だれもが一人前になったり、周囲から評価されるようになれるわけではないと・・・

先日は朝のドラマで、身の丈に応じた立ち居振る舞い・言葉・身のこなし・・・そんな言葉を耳にしたばかりあせあせ(飛び散る汗)

posted by ダム子 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11847750

この記事へのトラックバック